食生活と体臭の関係について

体臭と食生活

身体から出る臭いというのは身体の中からできるものです。
身体のどこからできるかというと、原因は食事です。
食べた食事が腸の中で分解されて、様々な臭い物質に変わります。
代表的な臭い成分としてインドール、スカトール、硫化水素、アンモニア等です。
これは便やオナラとしても出ますが、身体に吸収されています。
しかし、吸収された成分は肝臓で無臭化されます。
無臭化されるのは問題ありませんが、一部は血液の中に流れることになります。
血液中の臭い物質が肺から出ると、それが『口臭』として吐出されます。
汗から出るとそれは『体臭』として臭いが分泌されます。
ですから、体臭の主だった原因は、食べ物ということになります。

体臭を引き起こす食品

食べ物をどのようなものを食べたかによって臭いが変わってきます。
体臭が最も強く出るのは『肉類』です。
肉類はタンパク質ですから、タンパク質が分解されると、これは臭いの原因インドール、スカトール、硫化水素、アンモニアに分解されます。
最も臭いを発するのに弱い食べ物の成分は『炭水化物』です。
炭水化物が分解されても、二酸化炭素を排出されます。
こちらの二酸化炭素はほとんど臭いを発しません。
『脂肪』は脂肪酸になったりしますのでやや臭いが強いです。
体臭を予防するのであればなにより臭いが強いもの、肉類を控えめにし、穀物を中心に食事をすると、体臭は強くならないということになります。

体臭を抑制する食べ物

さらに体臭を消すのであれば積極的に臭いを取る食品を摂取するのが望ましいでしょう。
それは腸の中の健康を保つ食品を食べることです。
その食品とは『食物繊維』『乳酸菌』『オリゴ糖』です。

食物繊維

臭いができても、臭いを包み込んでくれて、便として排出してくれる作用があります。
さらに善玉菌の住処になってくれます。

オリゴ糖

善玉菌の餌として作用してくれます。

乳酸菌

善玉菌そのもの、善玉菌とは炭水化物を分解する作用があります。
悪玉菌主にウェルシュ菌、タンパク質を分解する菌(臭いを作り出す)

腸内環境を良くするということは善玉菌が悪玉菌より多い状態のことを指します。
腸内環境を良くする食品を積極的に摂取するということが重要です。

体臭対策まとめ

さらに脂が酸化することによって臭いが強くなるわけですから、皮腺が酸化しないような抗酸化食品を摂取することが良いでしょう。
これは、『ポリフェノール』、『カテキン』、『セサミン』等が含まれる食品を多く摂取するのが良いとされています。
さらに身体の中がアルカリ性に保つことが体臭予防につながります。
体内が酸性に傾くと、乳酸が体内に増えます。
乳酸が多く身体に含まれるとアンモニアと一緒に汗として出るようになります。これに伴い臭いが強くなります。
酸化を防止するには『アルカリ食品』の摂取が良いとされています。

アルカリ食品の代表例として梅干し、海藻類があげられます。

この腸内環境を整える食材、抗酸化食品、アルカリ食品この3つが重なった部分、これが全て消臭食材と言われています。
特に海藻類は、メカブ、もずく等が効果があります。

カテゴリー: 体臭対策 | 食生活と体臭の関係について はコメントを受け付けていません。