節水の為のリフォーム術

>

リフォームすべき箇所

一石二鳥にもなる

一番分かりやすいリフォーム箇所としてはやはり便座でしょうか。
今時の便座は冬場に優しい暖房機能やウォシュレットなどが結構な確率で標準装備となっていることが多いです。
トイレをより使いやすくしてくれる便利な機能であることには違いありませんが、無機能トイレよりもコストは掛かります。

他にも省エネモードを搭載したものがありますが、これは上記のような便座が常に電源を入れておかなければならないことを考えると、受けることの出来る恩恵は非常に大きいです。
また、少ない水量で洗浄することに特化したものもあり、これらを同時に使うことが出来れば電気代と水道代のどちらも節約することに繋がります。
水回りというのは名ばかりで電気代が一切関わってこないということはありませんので、切り離して考えるよりは同列に扱う方が良いでしょう。

自分に合ったリフォーム方法

お風呂に関しては使い方によってリフォームすべき箇所が異なってきます。
例えば湯船によく浸かるかどうか、中にはシャワー派という人もいると思います。
シャワーを中心に使うのであればシャワーヘッドを取り替えるだけでも効果は期待出来ますが、そうでない場合は浴槽や給湯器の交換も検討しなければなりません。
保温機能があれば何度も炊き直しをする必要が無くなりますし、お湯の熱で浴室内もそれなりに温度が保たれるので暖房の使用を控えることも出来ます。

古い給湯器を使用している場合は最新のものに取り替えるだけでより効率的にお湯を沸かせるようになるので、電気代やガス代は下がり、長い目で見れば結果的にお得になることも多いです。
また、家族構成に合ったものを選ぶことで無駄な動作を省くことにもなります。


この記事をシェアする