節水の為のリフォーム術

>

リフォーム価格を知る

効率の良い箇所を選ぶ

トイレのリフォームとなった時、あまり費用のかからない便座に手をつける方は多いですが、節水を求めるのであれば値は張るものの節水型の便器に替える方が効率は良いです。
特に洗浄の際の水圧は大事で、強ければ強いほど少量の水でも綺麗に流せるので結果的に節水になります。

結局のところ、少量の水で綺麗に流せさえすれば良いわけです。
節水になる他、勢いがあるので詰まりにくくなるというメリットもあります。

価格は幅が広く、六万円から十万円以上するものまであります。
高ければ高いほど良いということでもないので節水型であるかどうか、環境に合っているかどうかも考えなければなりません。
中には工事費込みで十万円を切るお得なものもあります。

時には大金を叩いてリフォーム

その日その日の身体の状態によって、全身浴をするか半身浴で済ませるか変わってくると思います。
ベンチタイプの浴槽であれば、浴槽内にある段差を利用してどちらも行うことを可能にしてくれます。
また、そうでない浴槽に比べてベンチタイプの浴槽は満水容量が大幅に節水することも出来るのでオススメです。

平均的な相場としては十五万円から二十万円弱するものが目立ちます。
浴槽だけでなく床面や壁まで一気に替えるとなると百万円近くするものもありますが、節水だけを考えるならそこまでする必要はないでしょう。
しかし電気代の節約も同時に考えるのであれば、そこそこの費用が掛かるのを覚悟の上で全体のリフォームを行うのも選択肢の一つとしてはありでしょう。


この記事をシェアする